さんさんてらす 小学校読書感想文の書き方

読書感想文の書き方について元小学校教諭がお伝えします

もうすぐ販売終了です【読書感想文の書き方テキスト】

全国の小学生とそのママを笑顔にする

 

そのためにスタートした
読書感想文の書き方テキスト販売

 

2年目の今年は
関東、関西からのご注文を多くいただきました
ありがとうございます!

 

例年より短い夏休み
急ぎで必要だと購入される方も多く
届けたテキストが役に立っているといいなと
思っているところです

 

7月から販売していた
「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
テキストは8/31で販売終了します

 

残り【3セット】です

 

市販のものには穴埋め式で
楽に出来上がればいいという
テキストもありますが、

 

これからの時代
いかに自分の言葉で語っていくかが
大切になっていくと私は感じています

 

子どもが自分で考えて読書感想文を書けた!
という達成感を得られるような
テキストにしています

 

大人が隣に座ってどんな言葉をかければ
子どもの考えが深まるかが伝わるように
テキストの中に書いています

 

来年用にいかがですか?

テキスト購入はこちらです
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809

f:id:sansanterasu:20200821091138j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方

子どもが生き物の本を選んだら?【読書感想文の書き方】


f:id:sansanterasu:20200814105710j:image

小学2年生の男子のママです。息子の選んだ本が物語ではなく、「ざりがに」という生き物の一生の本なのですが、アドバイスありましたら、お願いしたいです。普段も、昆虫や生き物などの写真の多い図鑑系の本が好きです。

………………………………………………………………………………

 

ご質問にお答えします。

 

・昆虫や生き物が大好きなんですね!
お子さんが好きなものや興味があるジャンルで本を選ぶ方が書きやすいので「ざりがに」の本で大丈夫です。

 

・去年の低学年課題図書には、「もぐらはすごい」というもぐらの特性について紹介してある絵本が選ばれていました。生き物の本でも読書感想文を書いてねという読書感想文コンクールの主催者の意図が伺えます。

 

・小学2年生ということなので、「ぼくがざりがにだったら?」と考えると書きやすいと思いますよ。道徳の授業でよく用いるのですが、動作化といって、その動きを実際に真似してみながらその時の気持ちを引き出すやり方があります。
本の中に、ざりがにの動きなどが載っているなら実際にやってみると「少しやっただけで汗がたくさん出るぐらい大変だった」とか、「敵に見つからないように隠れるのはドキドキする」などの気持ちを楽しく考えることができます。

 

簡単ですが、アドバイスを考えてみました。
テキストの内容と合わせて活用していただけたらと思います。

 

◆テキスト販売しています◆

「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809


f:id:sansanterasu:20200814105854j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方

お盆期間も発送しています【読書感想文テキスト】


f:id:sansanterasu:20200811210800j:image

【お盆期間も発送しています】

 

例年より短い夏休み
急ぎで読書感想文テキストが必要だと
注文される方のピークを迎えています

 

関東や関西から注文をいただいていて
できるだけ早くお届けするために
午前中と夕方と1日2回発送をしています

 

大切にお届けするために
追跡ありのヤマト便にしています

 

*学校からの課題にはなってないけれど
本を読んでほしいから

 

*来年用として、手元に置いておきたい

 

そんな声をいただきながら
少しでもお手伝いができるように
心を込めてお届けします!

 

ご注文お待ちしています

 

元小学校教諭が作った
読書感想文の書き方テキストを販売しています

 

「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809


f:id:sansanterasu:20200811210847j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方

 

間違いやすいかぎかっこ【読書感想文の書き方】

f:id:sansanterasu:20200809092945j:image

【間違いやすいかぎかっこ】

読書感想文の清書の時に
子どもが迷ってしまうのが
かぎかっこ「 」の付け方です

 

原稿用紙に書く時には
複雑なルールが多く
せっかく子どもが文章を書こうとしても
つまずいてしまうことが多い部分です

 

ポイントは3つ

 

①会話文にはかぎかっこ「 」をつける

②本の言葉を引用する時はかぎかっこ「 」をつける

③【「 】で1マス、【」】で1マス
一番上に【」】が来るときだけ、1マスの中に文字と【」】を一緒に書いていい

 

①と②は、
なんとなくわかると思うのですが、
③がややこしいし間違えやすい

 

何で子どもが嫌がるかというと
かぎかっこの付け方を間違えると、
それまで書いた文章を全部消して
また正しく書き直す手間がかかるから

 

だから清書をする時にはそばにいて
かぎかっこの付け方を
見守りながらアドバイスするといいですよ

 

読書感想文の書き方テキストには
私が書いた読書感想文の文例を
載せています

 

かぎかっこの使い方がわかるように考えて
文例を作っているので
テキストをお持ちの方は
ぜひもう一度読んでみてくださいね

 

元小学校教諭が作った
読書感想文の書き方テキストを販売しています

「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809


f:id:sansanterasu:20200809093029j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方

 

あらすじばかりになる時にはどうしたらいいの?【読書感想文の書き方】

f:id:sansanterasu:20200807085324j:image

【読書感想文の書き方】

小学生の読書感想文の悩みの1つが
「ほとんどがあらすじになってしまう」こと

 

今日はどうしたらあらすじばかりにならないか
お伝えしていきます

 

子どもが書くと
どうしてあらすじばかりになるかというと、
本のあらすじは自分がよく知っているからです

 

読んだばかりの本のことは、
よく覚えているからすらすら書けます

 

子どもに悪気はなくて、
とにかく書こう!と頑張っているのです

 

でも読書「感想」文なので、
本を読んで自分が思ったことを
たくさん書いてほしいというのが親心

 

でもあらすじを書かないと、
どんな本なのかわからない

 

では、あらすじの分量は
どれぐらいがいいのでしょう?

 

答えは、さらりと一文だけ。 

感覚的には、


 ■「家はどのへん?」と聞かれた時に
「○○駅から車で10分ぐらいだよ」と答える感じ


■「このお店のおすすめって何?」と聞かれた時に「ふわふわのパンケーキだよ」と答える感じ


 ■「○○さんってどんな人?」と聞かれた時に「おしゃべりが好きでよく笑う人だよ」と答える感じ 

あとは本を読んで自分が感じたことを書いていけば、読書感想文を読んだ人は本のあらすじをイメージしながら読めるので大丈夫です

 

読書感想文を書く時の参考にしてみてくださいね

元小学校教諭が作った
読書感想文の書き方テキストを販売しています

 

「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809


f:id:sansanterasu:20200807085444j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方

 

感想を紹介します【読書感想文の書き方】


f:id:sansanterasu:20200730115045j:image

読書感想文の書き方テキストを

購入してくださった皆様からの

感想を紹介します


f:id:sansanterasu:20200730114450j:imagef:id:sansanterasu:20200730114502j:imagef:id:sansanterasu:20200730114930j:imagef:id:sansanterasu:20200730114944j:image

テキストを活用してくださり

ありがとうございます!

 

◆テキスト販売しています◆

「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809

f:id:sansanterasu:20200730115432j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方

 

 

 

親はどんどん手伝っていい【読書感想文の書き方】

読書感想文の書き方


f:id:sansanterasu:20200727121715j:image

【親はどんどん手伝っていい】

 

小学生のママと話していると

「えーっ!
今まで親が手伝ったらダメと思っていました」

なんて言われることも多いです

 

学校で書いている作文って
めちゃくちゃ先生の手が入っています

 

国語の授業で
手取り足取り書き方を教えて
出来上がった作文です

 

でもね、1つ違うことは
「○○って書いてね」とは
言わないようにしていること

 

必ず、子ども本人の言葉で書けるように
繰り返し問いかけていきます

 

インタビューしているアナウンサーを
イメージするとわかりやすいのですが

 

質問されると自分だけでは考えないことを
引き出してもらえます

 

的確な質問をすることで
子ども自身が本を読んで感じたことを
すんなりと話すことができます

 

そのお手伝いをするのが
私が作ったオリジナルテキストです

 

読書感想文を書くための質問を
話し言葉で載せているので
子どもが一人で読んでも

考えやすくなっています

 

もちろん、
親がその質問を声に出してゆっくり読んでもOK

 

親の手伝い方を意識すれば
どんどん手伝って大丈夫です

 

出来上がった作文を読めば
子ども自身の言葉で書いたのか
大人が無理矢理書かせたのかは
すぐにわかってしまいます

 

子どもの様子や話し方を知っている先生は
どんな言葉を選ぶのかも直感でわかるからです

 

今しか書けない言葉を繋いでいこう
今しかできない表現を輝かせよう

 

このテキストで
子どもがもつ才能が
さらに開花することを願っています

 

元小学校教諭が作った
読書感想文の書き方テキストを販売しています

 

「いっしょに書こう!小学生の読書感想文」
https://sansanterasu.base.shop/items/21663809
f:id:sansanterasu:20200727121830j:image

さんさんてらす 読書感想文の書き方